研究案内

ヤスジマの世界に誇る技術がここにある。次世代への「挑戦・信頼・希望」、すべては中央研究所から始まります。

中央研究所

『お客様に満足して頂く製品を提供する。』を目標に掲げヤスジマ中央研究所は設立されました。お客様の様々なニーズに応えるために、製品に関わるスタッフ全員が研究所に足を運び、お客様の立場となって検討し、日々研究と努力を重ねています。

信頼のおける製品開発

当研究所では、お客様に安心して当社の製品を購入していただく為の研究開発を日々行っています。まず、小型試験機を設置し、基礎的なデーターを取ることであらゆる原理を理解。その後、実践で使っていくために実用機サイズの試験機を設備し、基礎データーを実用的に応用化します。
このように、基礎と実用的観点の角度から徹底的に分析を行い、お客様の期待に添う製品を提供させて頂いております。また、当研究所は研究結果をお客様に直接見て頂くと言う姿勢を持ち、随時、お客様のご意見を聞く事でお客様との絆を深める場としても存在しています。このようにして当社の製品は研究所でのデーターの確実な裏付けをもとにして開発されており、ヤスジマ中央研究所は製品開発の核として活動しております。
決して現状に満足することなく、明日の未来を共に切り開く製品進化の場所
それがヤスジマ中央研究所です。

株式会社ヤスジマ 中央研究所設備一覧 中央研究所ではお客様のご要望により木材乾燥、溶剤注入テスト他各種テストを行っております。テスト費用はテスト内容、期間等に応じて対応可能です。お気軽にご相談下さい。

木材乾燥装置(木材以外の材料の乾燥も可能です。)

国産材から外国産の材まで様々な種類の木材乾燥試験及び依託乾燥を行っております。
減圧するため、38℃〜60℃の近い材料温度で乾燥します。

装置名 写真 用途・特徴 積み高さ 積み幅 積み長さ 収容材積
真空・高周波
乾燥機
(HED)
真空・高周波乾燥機
  • ・針葉樹、広葉樹の乾燥。
  • ・高周波を用いて加熱することで木材の中心部まで乾燥ができます。
950m 1100m 5000m 2m³

5.0m³
真空熱風
乾燥機
(HD)
真空熱風乾燥機
  • ・針葉樹、広葉樹の乾燥。
  • ・乾燥時に温風、熱風、高周波加熱の組み合わせが可能です。
1350mm 1100m 5000mm 7.0m³
真空・高周波
乾燥機
(HED)
真空・高周波乾燥機
  • ・針葉樹、広葉樹の乾燥。
  • ・高周波を用いて加熱することで木材の中心部まで乾燥が出来ます。
450m/m 300m/m 3000m/m 0.36m³

その他乾燥装置

食品、食品残渣、汚泥、樹脂、古紙など様々な物の乾燥が可能です。粉体や液体の乾燥も行っております。

装置名 写真 用途・特徴 積み高さ 積み幅 積み長さ 収容材積
真空熱板
乾燥機
(HTD)
真空熱板乾燥機
  • ・乾燥機、熱処理
  • ・厚み60mm以下の材料の乾燥が可能です。熱板を使用することで均一に加熱出来ます。
60mmの材料を最大級5段 550mm 2500mm 最大
0.4m³
凍結乾燥機
(YFD)
凍結乾燥機
  • ・食品等の乾燥
  • ・材料を凍結させ、0度以下の沸点で乾燥するため材料の成分を残し、変色を防げます。
50mmの材料を最大4段
液体は25mm
400m 950mm 最大
0.08m³
高速撹拌気流
乾燥機
(YKD)
高速撹拌気流乾燥機
  • ・食品残渣、汚泥等の乾燥
  • ・2つの定量供給装置から2種類の材料を同時に投入できます。
    ※乾燥後の材料は引取りをお願いしています。
  • ・材料を60〜100kg/hrで乾燥します。
  • ・撹拌して乾燥するので、効率よく乾燥が可能です。
真空撹拌
乾燥機
(YVD)
  • ・食品残渣、汚泥等の乾燥
  • ・減圧し、温度を制御することにより、材料を低温で乾燥する事が出来ます。
  • ・1回の処理で材料を約30〜50kg乾燥します。
バイオマス
ボイラー
 
  • ・木屑、バークの乾燥と燃焼
    木屑やバークを燃焼させた時に発生する熱風を利用して、生の木屑やバークを乾燥させます。
現在改修中
真空熱風乾燥機
(HD)
 
  • ・減圧して乾燥します。熱源は蒸気と温水を選べますが、温度の上限は約60℃です。
1000mm 900mm 1000mm 0.9m³

含浸処理装置

エアー加圧で最大20kg/cm²の加圧が可能です。蒸気を使用して液を加温しながら加圧することも出来ます。

装置名 写真 用途・特徴 積み高さ 積み幅 積み長さ 収容材積
木材真空加圧
含浸装置
(SBK)
木材真空加圧含浸装置
  • ・不燃材、防腐剤等の注入
  • ・容器に材料と注入液を入れてエアーにて加圧し、液を材料に注入します。段階的に圧力を上げながら加圧することが出来ます。
250m 400mm 3000m 0.3m※薬液の注入量により異なります。

その他装置

蒸煮処理や、熱板を使用した減圧下での加熱処理、過熱蒸気を使った処理など様々なテストを行っております。

装置名 写真 用途・特徴 積み高さ 積み幅 積み長さ 収容材積
水蒸気
爆砕装置
(EX)
水蒸気爆砕装置
  • ・蒸煮、爆砕処理。
  • ・蒸気を用いて175℃までの処理が可能です。
300mm 400mm 2000mm以内 約0.2m³
加熱蒸気
発生装置
 
  • ・過熱蒸気温度は最高400℃。
 
インサイジング
マシーン
インサイジングマシーン
  • ・木材のインサイジング処理。
  • ・120mm(4寸)角も処理可能です。
    寸法については要相談
 

※上記の設備を利用してのサンプル作成費、加工費についてのお問い合わせは中央研究所にお問い合わせください。